小林製薬の黒にんにく高麗人参について

黒にんにくと高麗人参を主な原材料としている健康食品が、小林製薬の「黒にんにく高麗人参」です。
古来から健康に良い食材として愛されてきたにんにくと高麗人参のパワーを合体させることで、元気に満ちあふれた毎日を送ってもらうことを目指した商品です。

 

にんにくは、ご存知のようにスタミナ源として世界中で親しまれてきたした。
様々な料理に使われる他、風邪を引いたときや疲れたときにもよいといわれてきた万能食品です。
そんなにんにくを生のまま、一切何も加えずに高温多湿な環境で自然発酵・熟成させた黒にんにく。
生にんにくというと臭いが気になりそうですが、特有の臭いは約2ヶ月間という長期間の発酵でシャットアウトされています。
味もまろやかになっており、甘酸っぱくてフルーティーになるのです。
そのパワーといえば、活性成分のポリフェノールが生にんにくの約5倍というから驚きです。
S‐アリルシステインという成分が増加しているのも、特徴的です。
他の健康成分も、アリシン・アホエエン・アリチアミン・スコルジニン・カリウム・ゲルマニウムなど盛りだくさん。
もともと栄養成分が豊富なにんにくを発酵することで、さらにパワーアップしたというわけです。
黒にんにくには活性酸素を除去する働きがあり、体内のあらゆる老化を防いでくれます。
動脈硬化や心疾患など加齢による病気を防いだり、シミやシワなどの肌老化を防止するアンチエイジング効果にもなります。

 

一方、高麗人参は漢方の一種で、中国で古くから珍重されてきた食材です。
薬膳料理などにも使われているもので、疲労回復・滋養強壮などの効果はすでによく知られています。
他にも、ストレス解消や不眠症回復・糖尿病予防・心疾患予防など、様々な効果が期待できます。
万能薬として珍重されている高麗人参が黒にんにくにプラスされた健康食品が、「黒にんにく高麗人参」なのです。
偉大なパワーを秘めた2つの食材を一度に手軽にとれる黒にんにく高麗人参は、疲れを感じない元気な毎日を目指したい人におすすめです。

にんにく卵黄で痩せる!

にんにく卵黄のイメージとして、元気の素だったり精をつけるが挙げられますが、ダイエットにも効果があることはご存知でしたか?

 

にんにく卵黄の効能には「アリシン」という臭いのもとなる成分が含まれているのですが、これがビタミンB1の吸収を良くする働きを持っています。
ビタミンB1をしっかり摂ることが可能なら、体に溜まっている糖をエネルギーに変えても痩せることが可能となります。
ということは、一般的な運動よりも、エネルギーを効率的にアップ出来るということなのです。

 

にんにく卵黄には、アリシンとビタミンB1が豊富に含まれています。
ですので、日常的に摂ることで効率的にエネルギーを消費し、「太りにくくて痩せやすい体」へと導いてくれるのです。

 

他にも、アリシンにはノルアドレナリンの分泌の促進効果を持ちます。
ノルアドレナリンが分泌されることによって、血液の中のコレステロールや中性脂肪が燃えやすくなるのです。
ということは、体に溜まっている死亡を、効率的に燃やすことが出来る、というわけです。

 

にんにく卵黄の効能で摂取するこで、糖と脂肪を円滑にエネルギーへと変え、燃やすことが出来るので、「にんにくは元気の素」と言われているのかもしれませんね。
一回きりのダイエットではさほど効果としては表れにくいですが、体にも良く、元気になりながら痩せることが出来るので、ヘルシー志向の方にはにんにく卵黄を摂ることがベストなのではないでしょうか。

 

 

にんにくの生産地

○にんにくの生産地
にんにく卵黄を購入する際に、使用されているにんにくはどこで収穫されたにんにくなのか、気になりませんか?
食の安全が問われる昨今、やはり安全なものを摂りたいと思いますよね。
ですので、にんにく卵黄に使用されているにんにくのメインの産地をお教えします。

 

○国産にんにく
国産のにんにくの特徴としては、@身が大きいA香りが良いB高い栄養価を持つ、これが国産のにんにくです。
非常に高品質と言えますね。
しかし、輸入物と比べると、値段は高くなってしまいます。
寒い土地での栽培が最適なにんにくは、日本国内では栽培可能な地域は一部です。
青森県、岩手県、秋田県、福島県が主なにんにくの産地の代表です。

 

○福地ホワイト(ホワイト六片)
福地ホワイト(ホワイト六片)という名前を聞いたことがありませんか?青森県で生産されているもので、国内では有名なにんにくです。
高い栄養価を持っているので、元気になるにはピッタリです。

 

○輸入にんにく
輸入にんにくの多くは、中国産です。
特徴としては、臭いが少なく、身が小さいです。
価格も安く、品質も安定している半面、国産にんにくと比べると栄養価の高さは低めです。
にんにく卵黄は輸入にんにくを使用していることはほとんどありませんが、もし低予算で長期的に継続したい方には、輸入にんにくを使用したにんにく卵黄でも良いでしょう。

更新履歴